「子どもの足と靴を考える会」

子どもの足と靴のこと

赤ちゃんは、未完成の足で生まれてきます。
まだ骨になっていない軟骨の足を、ふんわりしたマシュマロのような脂肪で守っています。
骨が成長してしっかりした大人の足になるのは、12~13才。
指をまっすぐ伸ばせる靴で、子どもの足の健やかな成長を見守りましょう。

子どもの足と靴を考える会 ホームページ

誰でも見学、参加出来るオープンな会

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」ヒロインのモデル 子ども服「ファミリア」を創業した坂野惇子も この「子どもの足と靴を考える会」の創設メンバー 
日本で一番古い靴関係の勉強会
昭和、平成、令和と長年子どもの足の計測を続けている


歴史をこれからも大切にしていきたい!